伝えたくて伝わらないから綺麗になる

伝えたくて伝わらないから綺麗になる

アンダーヘアでも一番大変なのが Iライン

アンダーヘアの中でもIラインの脱毛や、処理は非常に難しいと言われています。
ここは、自分でも見ることが出来ないところですから、失敗をしてしまいがちです。

 

また、このIラインは、デリケートゾーン周辺の事を言いますので、デリケートで、傷つけてしまいがちなところというのも注意をしたい点なのです。

 

 

例えば、Iラインの脱毛で失敗をしてしまったという事にはこのような例があります。

 

完全に脱毛するのが恥ずかしくて、少し毛を残してしまった、といったことや、脱毛サロンに通っていたかれども、だんだん薄くなってきたので途中で通うのを辞めたりと、そういった事をする人が多いようです。

 

Iラインの毛は太くて多かったりしますと、なかなかつるつるになってくれません。
回数もある程度多く通う必要もあります。下着の中の不快感が、VラインよりもIラインの方が原因という人も多くいます。
Iラインはデリケートゾーンを傷つけかねない、しかも自分で見えないところということもありますから、ここを脱毛するのでしたら、脱毛サロンに通った方が良いのですが、Iラインを処理することにもメリットがあって、それは自分のデリケートゾーンを見直せるということです。

 

 

自分が意外と不衛生にしていたとしたなら、それに気がつく機会にもなります。

 

また、ビキニなどの水着を着る事になったとき、毛深い人は、Iラインを処理する事で、恥ずかしい思いをしなくて済みますから、特にVラインからはみ出ている毛なんて、見えたら恥ずかしいにも程がありますからね。

 

ハイジーナ脱毛してみませんか?

 

男でも脱毛していいんです

男性にも浸透しつつあるのが「脱毛」です。

 

胸毛、スネ毛など脱毛して、女性からの好感度UPを狙う男性は年々増えています。

 

特に注目するのが髭脱毛で、青髭やまばらでみっともない形の髭、肌がデリケートで毎日の髭剃りに限界を感じている男性は多いです。

 

髭脱毛のメリットは無限大で、実際髭脱毛を終了した男性のアンケートを拝見すると「髭脱毛をして後悔している」という回答は非常に少ない数字に落ち着いています。

 

後悔の理由は「好みの髭の形で残したが、いっそ全部脱毛すれば良かった」「脱毛自体は後悔していないが、サロン選びを誤った」「ニードル脱毛を希望したが、痛くて断念。その後フラッシュ脱毛に変更した。結果お金が非常にかかり、エステ側と契約前に良く話し合えば良かった」「職場の人達に髭脱毛がバレた。

 

 

秘密にしたかったので恥ずかしかった」と、こんな感じです。特にニードル脱毛は毛の根元に針を刺し、電気を流し熱を加えて毛根にダメージを与えます。

 

痛みに個人差があり、「我慢できないほど痛い」という人もいれば「施術中眠ってしまった」という人まで様々です。普段の髭処理を毛抜きで行っている人なら我慢できるかもしれません。そして料金的な問題もあります。

 

ニードル脱毛ですと30万円〜50万円位を視野に入れておくと良いです。あまりにも格安な料金設定のサロンは要注意!針を交換せず施術していたり、トラブルがあったりするケースが多いです。この様にニードル脱毛を希望する人は、料金と痛みの2点を頭に入れてサロン選びして下さい。

 

 

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛を希望する人は、光やレーザーで毛根を焼いて破壊するという脱毛方式を理解し、後々生えてきたらどうすれば良いのか、永久保証は有るのか等カウンセリングでじっくり話し合いましょう。

 

 

格安エステに釣られず、パッチテストなども受けて満足してから契約する事をお勧めします。

 

 

髭(ひげ)脱毛|失敗しない脱毛サロンの選び方

更新履歴